2009年02月22日

二十四節気

二十四節気って、祝日と同じようなものと全然カレンダーにも載らないようなものも....

二十四節気って、祝日と同じようなものと全然カレンダーにも載らないようなものもありますよね。それってどういう違いからなんですか?(続きを読む)


古くは農業で用いられた二十四節気は、森など人里離れた自然をはかるには関係性が....

古くは農業で用いられた二十四節気は、森など人里離れた自然をはかるには関係性が薄いですか?(続きを読む)


二十四節気って年ごとによって日にちが違うんやろ?

二十四節気って年ごとによって日にちが違うんやろ?(続きを読む)


夏も近づく「八十八夜」。ってどういう意味?二十四節気。ってどういう意味?

夏も近づく「八十八夜」。ってどういう意味?二十四節気。ってどういう意味?(続きを読む)



雨の名前、雨の呼び名

二十四節気のうち、今がこの「雨水(うすい)」である。 いかにも雨水らしく、首都圏に雪が降る予想は外れて、大地を湿らす雨が降った。 花粉症の方々には、慈悲深い恵みの雨水である。 雨水にちなんで雨の呼び名。 ■雨の降り方の名. ・驟雨(しゅうう) ...(続きを読む)


雨水

昨日2月18日は二十四節気(※)の一つ、「雨水(うすい)」でした。 雨水=雪も解けて水となり、雪も雨に変わる。雪が降っても春の淡雪ですぐ解ける。 もう春も間近…という暦なのですが。 昨日の秋田は大変寒かったです! ...(続きを読む)


二十四節気で園芸をマスターしよう!

「二十四節気でわかる園芸作業」では日本ガーデンデザイン専門学校や池坊お茶の水学院などで講師を務める園芸研究家、山田幸子さんが、二十四節気に基づいた園芸作業のポイントを解説してくれます。二十四節気とはニュースなどで「暦のうえでは」などと言 ...(続きを読む)



雨水 ほらっ“春の坊や”

大分合同新聞
十八日は二十四節気の一つ「雨水」。雪が雨に変わり、氷が解けて水になるころとされる。県内は先週の春の陽気から一転、寒気の影響で氷点下の所もあり、寒い朝となった。 大分地方気象台によると、各地の最低気温は▽由布市湯布院 氷点下二・六度▽佐伯市宇目 同二・四 ...(続きを読む)



ネコヤナギ 春の芽生え 日光で咲く

東京新聞
十八日は二十四節気の「雨水(うすい)」。氷が溶けて水になり、雪は雨に変わる。早春のきわどい感覚に目覚め、日光市の大谷川グリーンパークでネコヤナギが咲きだした。 散歩やジョギングを楽しむ人たちが「昨年より十日前後早い。春はもうすぐ」と目を細めている。 ...(続きを読む)



淡い陽光に菜の花揺れて 大山町の水田

日本海新聞
十八日は二十四節気の「雨水」。雪が雨に変わり、春の気配を感じさせる時期とされる。鳥取県大山町国信の水田では、菜の花が時折陽光を浴びてかれんに咲き、日本海からの風に揺れていた。 十八日の鳥取県内各地の最高気温は、鳥取市八・九度(平年八・四度)▽倉吉市八・ ...(続きを読む)






posted by テレビドラマ情報 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27065173

この記事へのトラックバック